KisukeはLINEを新たな販売チャネルとして活用できるECマネジメントサービスです。 所有しているLINE公式アカウントを上手くマーケティングに活用できていないEC事業社様に最適な選択肢です。
無料アカウント登録

KisukeはLINEを新たな販売チャネルとして活用するためのEC店舗運営者様向けのサービスです。
ユーザーとの接客をLINEと通じて行えるため、手早くかつ効率的に購入へと促すことが可能です。

お客様の欲しい物を欲しい時にKisukeを使ってLINEでダイレクトにアプローチ

 


チャットやプッシュメッセージ、リッチメニューなどLINE上で行える様々なコミュニケーションを
ユーザー購入状況や嗜好に合わせて、より効果的ににうための機能を取り揃えています。

LINE公式アカウントのトーク内で表示されるリッチメニューを作成・管理する機能です。既存のフォーマットに拠らず、より自由度の高い指定した商品コレクションを表示する事ができるようになります。

ユーザーの購買情報を元に、セグメント配信を実施します。Shopify上の顧客データを元に、各ユーザーにマッチしたコンテンツを配信することで、より精度の高いアプローチを実現します。

ユーザーがLINE上で商品名等をコマンド入力すると、該当の情報を自動表示する機能です。その場で商品情報等が表示され、自社ECサイトに遷移させる必要性がなくなるため、ユーザーの離脱を予防できます。

 

1.リッチメニュー

LINE公式アカウント上で表示されるリッチメニューを作成・管理するための機能です。 既存規定の域を超え、柔軟かつ自由な発想によりリッチメニューの制作が可能になります。

2.セグメンテーション

LINEのmidとShopify上でのフィルタリング内容を紐付ける機能です。
お客様をカテゴライズの上、様々な場面で個々にアプロ―チできるようになります。

3.キーワード検索

LINE上でコマンド入力された内容に応じて、該当情報を自動的に表示してくれる機能です。 ユーザーが関心のある情報をその場で届けられるため、離脱の防止に役立ちます。

商品情報等を求めてLINE公式アカウントに訪れた、訪問中にふとした切っ掛けで詳しい情報が欲しくなったユーザーがいらっしゃる中、現状では店舗サイトへの導線を用意しなければならず、ユーザーにとっても探す手間が発生してしまうため、離脱する恐れが拭い切れません。

予めお客様での条件設定は必要ですが、キーワード検索機能を活用すればユーザーは欲しい商品や情報を入力するだけで、該当する情報がその場で表示され、簡単に情報へとアクセスできるようになるため、取りこぼしの予防へとつながります。




LINEリッチメニューカスタマイズ

新規・既存ユーザにリッチメニューの出し別けを行うことにより、より購入につながるデザインが可能です。

LINEをECに最適化

LINEに商品を直接表示してユーザのクリックを最大化 カートへ直行するのでカゴ落ちを最大限減らします。

メッセージ配信を最適化

既存顧客のみにメッセージ配信が可能なため、LINEのメッセージ配信を効率良く行えます

 


LINEを新しい販売チャネルに

自社資産のユーザのLINEアカウントを有効活用。 メールより開封率の高いLINEでダイレクトアプローチできます。

リピート購入を促進

Shopifyのフィルタとデータを掛け合わせればアップセル・クロスセル用にリッチメニュー・メッセージ配信の最適化が可能

Shopifyと簡単連携

自社資産のユーザのLINEアカウントを有効活用。 メールより開封率の高いLINEでダイレクトアプローチできます。

 

Kisuke 1.0